上棟

上棟とは、主に木造住宅の建築において、柱や梁などの基本構造が完成した後、屋根の一番上の部材である「棟木」と呼ばれる木材を取り付けること。家屋の守護神と大工の神を祀って、棟上げを無事に終えられたことに感謝するとともに、最後まで工事の安全を祈る儀式。


新着ページ